Lot 420

斎藤 清 (1907-1997, 

Japan

)

春の鎌倉・門・建長寺

JPY 80,000 - 130,000
No Reserve

HKD 5,700 - 9,300

USD 740 - 1,200

スタート価格 JPY 40,000

Sold JPY 184,000

技法

木版画

サイン

左下にサイン、余白にタイトル、年代、エディション

額装

サイズ

sheet size : 60.3×46.0 cm image size : 51.7×37.9 cm

制作年

1985 ed. 101/130

解説文

1907年福島県生まれ。1931年油絵を独学で学ぶ。
1936年より安井曾太郎の木版画に影響を受け、木版画制作に着手。同年、第5回日本版画協会展に初めての木版画を出品し初入選を果たした。
1950年代より斉藤の作品は海外から評価され、アメリカ各地で展覧会を開催。1951年、第1回サンパウロ・ビエンナーレ展に出品した木版画『凝視 (花)』が受賞する。その後アメリカ、メキシコ、オーストラリア、インド、カナダなど世界各地の国際版画展に招待出品を重ね、日本の伝統表現に西洋の近代造形を取り入れた斎藤清独自の木版画技法により斎藤の名は国際的にますます広く知られていった。
1995年には文化功労賞を受賞。1997年に斎藤清美術館を開館するも、同年11月に永眠。


オンラインカタログに記載されている商品の写真および説明(作者、年代、寸法、重量、素材、色調、技法、来歴、状態、題名、傷、修復等)についてはあくまでもエスト・ウェストが商品について意見を陳述したものにすぎず、それらを理由としたキャンセルはいかなる場合でもお受けできませんので予めご了承下さい。
また、商品は新品ではございません。特に古美術品(アンティーク)は経年・使用による劣化や瑕疵の存在を前提としています。作品の状態は下見会等にてご自身の目で商品の状態を確認し、自らの責任と判断でご参加ください。

他の作品を見る