Lot 528

谷川 泰宏 (b.1957, 

Japan

)

清香

JPY 50,000 - 80,000
No Reserve

HKD 3,600 - 5,700

USD 460 - 740

スタート価格 JPY 25,000

Sold JPY 51,750

技法

油彩、キャンバス

サイン

右下にサイン「Tanigawa」
裏面にサイン、タイトル「Tanigawa 清香」

額装

サイズ

53.0×41.0 cm

来歴

現所有者が日本で購入

解説文

1957年徳島県に生まれる。東京芸術大学油画科卒業。1981年、同大学大学院に進学し、大学院修了後、同大学で油画科助手、非常勤講師を勤める。数々の個展を開催。1993年から1996年まで朝日新聞日曜版連載小説・宮尾登美子原作「クレオパトラ」の挿画を担当し話題となる。
現在、高島屋や三越などで多数の個展を開催。谷川の色彩豊かで繊細な独特のスタイルは多くを魅了する。

解説文

優美な女性像を得意とする谷川の本髄を感じられる、「清香」と名付けられた本作品。まさに清らかな香りが漂うような気品ある油彩である。画面には盛装を凝らした優雅な婦人が描かれている。パステル調の美しい色彩の中で、切れ長に引かれたアイラインと眉が画面を見事に引き締めている。
谷川は、1957年徳島県に生まれる。東京芸術大学油画科卒業後、同大学大学院に進学。大学院修了後、同大学で油画科助手、非常勤講師を勤める。その後数々の個展を開催。1993年から1996年まで朝日新聞日曜版連載小説・宮尾登美子原作「クレオパトラ」の挿画を担当し話題となる。現在、高島屋や三越などで多数の個展を開催。谷川の色彩豊かで繊細な独特のスタイルは多くの人を魅了する。

コンディション

作品のコンディションは良好。経年による僅かなヨゴレ有。
※コンディションの詳細はオンラインカタログの画像でご確認下さい。


オンラインカタログに記載されている商品の写真および説明(作者、年代、寸法、重量、素材、色調、技法、来歴、状態、題名、傷、修復等)についてはあくまでもエスト・ウェストが商品について意見を陳述したものにすぎず、それらを理由としたキャンセルはいかなる場合でもお受けできませんので予めご了承下さい。
また、商品は新品ではございません。特に古美術品(アンティーク)は経年・使用による劣化や瑕疵の存在を前提としています。作品の状態は下見会等にてご自身の目で商品の状態を確認し、自らの責任と判断でご参加ください。

他の作品を見る